その水素料金は適切か、経産省が適正化へ計量規格を制定 – ITmedia


ITmedia
その水素料金は適切か、経産省が適正化へ計量規格を制定
ITmedia
現在設置が進められている水素燃料計量システムの最大許容誤差は±5%だ。技術的に成熟が進んでいるガソリン充填計量器は±1%であることと比較すると、大きな差がある。そこで今回制定したJIS規格では水素燃料の計量器に対する4段階の精度等級を導入した(図1)。

and more »

http://ift.tt/1WN5gpM

2016年5月25日