日光市、防災メール普及に苦戦 登録数は市民の5%未満 – 下野新聞


下野新聞
日光市、防災メール普及に苦戦 登録数は市民の5%未満
下野新聞
震度3以上の地震や暴風など気象警報を24時間自動配信するほか、警報発令中には道路通行止めや冠水、停電などの情報も伝達する。 市の統計によると、14年度は2844人が登録し、15年度は3510人。近年は、全体的に伸びが鈍化しているという。同策室は「災害が発生 …

2016年9月6日